記事一覧

【ひとこと】科学を規定するものは何か?

最近、私は、科学を規定するものは、その記述する対象ではなく、その思考法にあるという考えに至り始めました。例えば、古典力学を量子スケールの粒子に適用するのは誤りですし、そういう意味で、物理学の対象は限定されるべきです。しかし、その後の物理学の発展を見るに、その考えるべき対象は大きく広がりました。そして歴史的にも、それまで哲学的に考えられてきた問題が、科学的手法を用いて考えられるようになってきました。...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ひとこと】科学に対する固定観念を取り払おう!

科学は物質的なものしか探究できないとか、神の存在を否定しているなどとする議論が、一般人だけでなく、一部の科学哲学者によってもなされていることに、私は強い疑問を感じます。まず、「科学は物質的なものしか探究できない」について、この考え方の根底には、物質的"存在"と精神的"存在"があり、それらは本質的に違うものであるとする、二元論的概念があります。二元論を主張した最も有名な哲学者、デカルトの二元論的世界観は...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

もし私が高校物理の先生だったら、これを語る!

正直言うと、私が高校生のころ、物理学は得意ではありましたが、その面白さには気づけませんでした。もしくは、気づかせてくれなかったということもできるかもしれません。私は、自分の才能を探すうえで、もちろん自分から何かを学ぶ姿勢というのも大切ですけど、周囲の環境というのも、同じぐらい大切だと思っています。ところで、もし私が高校の物理の先生だったら、もしくは高校物理の教科書を書くことになったとしたら、私は一...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

「物理学と、"思考の現実化"はどう結びつくか」さらなる増補、改訂をいたしました!

「物理学と、"思考の現実化"はどう結びつくか」さらなる増補、改訂をいたしました!物理学が、"意識"とどう結びつき、数式化されるのかについての私の哲学的、直観的考察をまとめたものです。初版と同価格にして約1.7倍のページ数、大幅ボリューム増となっております。以下が付け加えた章になります。また、他の章も多少の加筆修正をしております。「私は、なぜ物理学に惹かれるのか?」私が物理学に感じる魅力や、それに至るまで...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

「物理学と、"思考の現実化"はどう結びつくか」大幅増補、改訂いたしました!

「物理学と、"思考の現実化"はどう結びつくか」大幅増補、改訂いたしました!物理学が、"意識"とどう結びつき、数式化されるのかについての私の哲学的、直観的考察をまとめたものです。初版にはなかった、「意識がどう数式化されるか」についての考察、最終的に"意識場の提案"、それが私たちに何をもたらすかについての見解を付け加えました。以前と同じ価格で、ページ数にして約3割アップしています。もしご興味があれば、こちら...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

榎本 観

Author:榎本 観
京大理学部新2回生、熊野寮在住。趣味は真理の探究。
今のところの夢は、故郷大分で万人に開かれた研究所兼教育機関を開設し、
超弦理論や意識の理論などの研究を通して、宇宙や意識の本質を解き明かすこと。
家庭教師依頼募集中です!
気軽に連絡してくださいね。
著書:『「物理学と、"思考の現実化"はどう結びつくか」~直観的、哲学的考察~』他4冊

榎本に連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: