記事一覧

教育と学問に絡む、お金の問題

最近、大学の授業料高騰や、幼稚園無償化などが大きな話題となっているが、現実問題、教育や学問に絡むお金の問題は、かなり大きい。実際、物理学や数学を探究したところで、それが応用され、実生活に役に立つのは100年先とか、そういうレベルである。(ただ、この年数は将来的には短くなっていくと考えている。)自分に直接利益がある訳でもないのに、そういったものに喜んでお金を出す人もなかなかいない。私も、発展途上国の子供...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

真の教育機関の入試は、このようにする。

もし私が真の教育機関を創るならば、もちろん入試が必要になる。ではどうするか。その判断基準は一つ。私より才能のある若者を、主に面接により、完全に私たちの独断によって選ぶ。もちろん微分積分学の基本ぐらいはできていないと困るが、現に大学でなされているような筆記試験は課さない。2時間ぐらいで出来る数学や物理の総合問題みたいなものは課した方が良いかもしれない。英語も多少はできた方がよいだろう。簡単なプログラ...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の強みとは何か。

最近よく、AIに仕事を奪われる、とよく言われる。ところで、コンピュータが物理学者や数学者になる日は来るのだろうか、と思うことがある。一度C言語なんかをやってみるとわかるけど、私のノートPCでも、人間だと1時間はかかりそうな"計算"を、ほんの数十秒で終わらせてしまう。ブラウザやWordなど、いろいろなソフトがあるけれど、それはプログラムの組み合わせで、根本までたどっていくと、それらは全て"計算"という作業に還元さ...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

面白いブログを見つけた

とても面白いブログを見つけた。義務教育問題まっとうな教育者だ。私は、絶対的に素晴らしい"もの"はあると思っている。私はそれを"真理"と呼ぶ。しかし、"実在"をもってそれを完璧に表現することはできない。これが私の基本的な考え方だが、常により良い姿を探究し続けているこのような教育者がいることに感嘆するとともに、日本の明るい未来を確信する。...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代高校教育の学習内容について

現代高校教育について、これまで主にそのシステムについての改善点を語ってきたが、ここでは、その学習内容、とくに理系について語ろうと思う。まず、国語の古典教育は廃止すべきである。賢者は歴史から学ぶ、とよく言われるし、私もそう思う。物理学や数学を学ぶときも、歴史的な流れも一緒に抑えておくと、いろいろな"つながり"が見えてくることは往々にしてある。しかし、彼ら"賢者"と言われている人々が、原文のまま読むか、と...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

榎本 観

Author:榎本 観
京大理学部2回生。趣味は自然哲学、真理の探究。
夢は、大分県に各分野の天才(物理学者、数学者、工学者、プログラマー、起業家、漫画家、音楽家など)
を集め、万人に開かれた研究所兼教育機関を開設し、自らは素粒子論、超弦理論、宇宙論、または意識の理論などの研究を通して、意識や宇宙の本質を解き明かすこと。
真理の探究が、我らを真に創造的にする。
著書:『「物理学と、"思考の現実化"はどう結びつくか」~直観的、哲学的考察~』他4冊

榎本に連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: